【歌詞翻譯】UVERworld - NAMELY 中日文歌詞Lyrics | 動畫《七大罪 憤怒的審判》後半片尾曲



作詞:TAKUYA∞    作曲:彰、Yuzuru Kusugo、柴山 慧
編曲:UVERworld、平出 悟

初めて目が合った時 例えば普通の感覚は
第一次對上眼時的感覺
ハイタッチくらいなもん 流れてく程度だとしたら
要是以擊掌的程度來比喻
あの日 君と目が合った瞬間に感じたのは
與你四目相接的那一刻的感受
手と手を握り合ったような感覚だった
是一種像手牽著手的感覺

互いの日々は動いて 今の世界の向こうへ
彼此的時光向著如今世界的另一端前進
いつかは尽きてしまうものもあるという事を
就算明白有些事物總會迎來結尾
それも分かってる でも今はあともう少しだけ
但此時此刻,只要再一下子

気づかないふりをして このままもう少し一緒に居ようよ
假裝沒有察覺般,再待在我身邊一下子
どんなに悲しい終わりだって 素敵な思いに変えるから
無論結束多麼悲傷,都會變成刻骨銘心的回憶
こうしてる今は 乱暴な例えかもだけれど
如同是現在,即使是亂來的比喻
このまま終わって良いと思うほど幸せだよ
我也想就這樣迎來幸福的結局

失いものを探し 気付かずに進んでた
為了尋找丟失的東西而不自覺前進
思えばわずかに 砂が舞っては消えてった
回過頭來,也只有揚起消逝的塵土罷了

埋めてはいけないドーナツの穴 距離感はもう
如同本不該填滿的甜甜圈,這距離
埋めては意味を失うものなのか?
是否也是不可或缺的存在?

落ち葉をすくうように 心をさらって
如同要抓住落葉般,抓住了這顆心
このまま離れても変わらないという事を
即使明白離別也無法造成任何改變
それも分かってる でも今はあともう少しだけ
但此時此刻,只要一下子

永遠なんていう 言葉を使う君と
說出永遠如何這樣言語的你
明日には消えてしまうとしても 騙されていたい僕
就算明天消失,我也想就這麼被欺騙
タイムリミットが まだ先だと思ってた頃
當想到距離結局仍有時間時
あの月さえ遠く感じてなかったよ
感覺月亮似乎也並非遙不可及

惹かれ始めた逆の手順で 離れられやしない
從互相吸引開始倒過來變成分離
運命が目を離してる隙に あともう少しだけ
在命運釋放的這瞬間,再一下子

気づかないふりをして このままもう少し一緒に居ようよ
假裝沒有察覺般,再待在我身邊一下子
どんなに悲しい終わりだって 素敵な思いに変えるから
無論結束多麼悲傷,都會變成刻骨銘心的回憶
こうしてる今は 乱暴な例えかもだけれど
如同是現在,即使是亂來的比喻
このまま終わって良いと思うほど幸せだよ
我也想就這樣迎來幸福的結局

沒有留言:

Blogger 提供.